記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

慎重オボンミミッキュ入り眼鏡テテフゴリ押し構築(最高2092)

201701171358538ad.jpg
お久しぶりです、東西南北です
サンムーンが始まり、ご多分に漏れず発売即ポケモン漬け…とはならず2週間ほど空白の時間を過ごしました
(ストーリーに興味が薄かった)
その影響もあって環境を整えるのが遅れた感は否めませんね…カプ初厳選が1月8日の時点でお察しです
とはいえエアプなりに構築の草案は立ててたのでこのせいでギリギリ21届かなかったとは毛ほども思ってません
単純に実力です、精進します

以下常体

7世代ではカグヤ、レヒレ、コケコなど様々なポケモンの強さが認知されているが
個人的に最もスペックがあると思っているミミッキュを入れたいと考えた
そんなときにこのポケモンがトリックルームを覚えることを知り、使えそうだと思い採用
このポケモンがストッパーとして機能しないポケモンとしてメガギャラドス、パルシェンが想定されるため、
逆に起点にしてやろうと思い耐久振りオボンで採用
エースに据えるポケモンとして求めたのは

・一貫性の高い高火力
・トリル展開と悟らせないポケモン
・先制技で縛られづらい

これらすべての条件を満たすポケモンとしてテテフが最適と判断して採用
残りは対戦しながら重いポケモンを埋める形で構築が完成した
以下構築紹介

ミミッキュ@オボン
慎重 162-117-113- -151-117
鬼火トリル呪いシャドクロ

自慢のポケモン この調整は他の人は使っていない(はず)
調整意図は

①補正ありメガギャラドスの+1一致威力80技耐え
②補正ありパルシェン+2つらら化けの皮オボン込み耐え
③C222シャドボ確定耐え

他にもカグヤの無振りヘビボン耐えなど副産物も多い
できるだけ2回の行動をとれるよう配分した
化けの皮が恐ろしいくらい重要なポケモンであるため初手出しはせず、
大体1匹目とテテフで荒らした後の再展開要因
こちらから見て負けであっても相手の考慮外のポケモンであったため拾えた試合も多く
想定されない強さを実感できた

テテフ@眼鏡
控えめ 177- -109-184-136-116
キネシスムンフォめざ炎10万

耐久振り眼鏡テテフ 初手出しから荒らしに行くことも多いため
補正ありガルーラ、補正なしマンダのすてみ耐えまで降った
マンダのほうは諸説あるが、意地AS振りは環境に少なく耐久振りのほうが多いため
当たった時は事故と割り切る 一応中乱数で耐える
有利対面を作った時のアドバンテージがすさまじい 半減をものともしない火力を持つ
鋼タイプをこの構築で一番葬っている まさにゴリ押し
優秀な特性から先制技で縛られることが少ないため
HPが1でも残れば必ず残すプレイングを心掛けた
なぜかハッサムが後出しされるので
ハッサムテテフ対面はテテフガン有利を広めるべきだと思ったのは余談

なお、数値効率を意識するならHBCラインを175-109-187にしたほうが良い
ガルーラのすてみ最高乱数切り耐えになるだけなのでこちらのほうが良いと思う

ガルーラ@ナイト
勇敢191-181-121-112-122-108
猫捨て身レイビ地震

構築が上2枚を通すことで一貫させるため
弱体化を食らいつつも今なおトップメタに君臨する対面性能の王者を採用
環境に多かったポリ2に対してテテフを後投げすることが非常に多かったため
DL対策のB<D調整、トリルとの相性も考慮してS下降、無振りガブをレイビで落とすためCぶっぱ余りA
10交換を目指す

ゲンガー@ナイト
臆病167- -100-191-115-200
鬼火祟り目ヘド爆道連れ

上記ガルーラに同じく対面性能の王者
構築上重いグロスルカリオミミッキュに合わせて初手に出す
グロスの思念+バレパンを鬼火込みで耐えたいためHSぶっぱ
コケコのZ10万+10万を耐える守るもほしかったが道連れが役立つ場面が多くきれなかった
結局初手コケコ対面は同速に甘えた 負けた対戦もしばしばあるが仕方ないと割り切った

コケコ@電気Z
臆病145- -106-147-95-200
10万マジシャ結び身代わり

カグヤが重くなりがちなため、選出誘導枠 あまり出してない
有利対面を作った時のみがわりは強い グロスラス1コケコ対面
Z10万ケア引き読み身代わりしたときは脳汁でた

パルシェン@襷
意地125-161-201- -65-122
破る氷柱ロクブラ礫

いわゆるテテフパルの並びを作る 鋼枠が1枚でごり押せそうなとき選出した
環境に増えていたこともあって対策が12分にされていた印象 
ただこの枠は主には選出誘導枠なため十分仕事をしたといえる

基本選出 ゲンガーテテフミミッキュ

驚異の7割超えの選出、テテフミミッキュに絞れば9割を優に超える
それほどこの選出の破壊力はすさまじかった
この構築全体でテテフを通す構築といっても過言ではない
稀に初手コケコ、テテフパル@1等が混じっていた

ミミッキュがギミック、害悪系統に相当強いためそのあたりは割と楽に勝てた
しんどかったのはミミッキュの化けの皮を温存させるプレイングや低速+高速のサイクル戦
テテフが一貫するかどうかで雌雄が決する 

最終レートは最高レート21チャレ?で最後負けた時 画像だけ乗っけておく

レートS1最終順位



最終日の話
始めたのが遅かったのもあり今期2000乗せたらもういいかな、とちらっと考えてしまいました
ただ、身近で頑張る大学の後輩たちを見ていると負けてられない!という気持ちになり
結果として最終日朝8時40分時点でS1最高レートを更新しました
自分にはそういう感情は欠落してるのかと思っていたのでそういう気持ちになったことに
驚きました 感謝しかない

次シーズンは使えるポケモンの幅も広がるためもっと考えていきたいです
まず21が目標ですね 頑張ります
長くなりましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。